今夏は残留したエリクセン、1月にマンU移籍か…フリー移籍の可能性も

今夏は残留したエリクセン、1月にマンU移籍か…フリー移籍の可能性も

エリクセンは1月にマンチェスター・Uへと移籍するようだ [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンは1月の移籍市場でマンチェスター・Uへと移籍する模様だ。4日にイギリス紙『サン』が報じている。

 エリクセンは今夏の移籍市場でレアル・マドリードをはじめとした欧州の強豪クラブらの注目を集めていた。現行契約が今シーズン限りで満了することもあり、トッテナム側も適当なオファーがあれば売却に応じるとのことであった。

 しかし、エリクセンは最終的にはトッテナムに残留することが決定。以前から移籍が噂されていたマンチェスター・Uが1月の移籍市場で同選手の獲得に向けて動くと伝えられている。

 同紙によると、マンチェスター・Uは事前契約を締結しフリー移籍での獲得も前向きに検討しているようだ。一方のトッテナムは無論、エリクセンをフリー移籍を全力で阻止するとのことで、1月に売却を図るという。移籍市場が閉幕してもエリクセンの去就には多くの注目が集められている。

関連記事(外部サイト)