トリッピアー、アトレティコ移籍を振り返る…トッテナムに「残留したかった」

トリッピアー、アトレティコ移籍を振り返る…トッテナムに「残留したかった」

アトレティコのトリッピアー [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがインタビューに応え、今夏のトッテナムからの移籍を振り返った。イギリス紙『スカイスポーツ』が伝えている。

 トリッピアーは「僕は(マウリシオ・)ポチェッティーノ監督と今後の構想について話しあったんだ。彼はイエスともノーとも言わなかった」と監督とのやりとりがあったことを明かし、「クラブが僕を売りたいと考えていることを知った時、とても悲しかった。彼らが僕を売るという噂を聞いた。それがフットボールなんだ」と移籍までの経緯を述べた。

 そして最終的に移籍が決まり、「残念だったよ。トッテナムに全てを捧げていたからね。僕は残留したかったんだ。契約も後数年残っていたしね」と当時の心境を振り返った。またポチェッティーノ監督については「彼は僕のために多くのことをしてくれた。とても尊敬しているよ」と述べている。

関連記事(外部サイト)