ユーヴェのジャン、CL登録メンバー外について「ショックと共に怒っている」

ユーヴェのジャン、CL登録メンバー外について「ショックと共に怒っている」

CL登録メンバーから外れた思いを吐露したジャン [写真]=Getty Images

 ドイツ代表のユヴェントスのMFエムレ・ジャンは、マウリツィオ・サリ監督によってチャンピオンズリーグ(CL)のチーム登録から外された後、「ショックを受けて怒っている」と話しているようだ。4日、イギリスメディア『デイリー・メール』が伝えている。

 EURO2020予選に先立ってドイツのトレーニングキャンプで取材に応じたジャンは、「昨日、監督は私に電話をかけ、1分もしない間に『CLのメンバーリストに私はにいない』と言った。私は、とてもショックを受けて怒っています」

 同選手は2018年にリヴァプールからユヴェントスに移籍をしており、加入1シーズン目は37試合に出場したのにも関わらず、スタメンとして確固たる地位を築くことはできなかった。また、今シーズンもフランス人MFアドリアン・ラビオや、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが加入し、スタメンへ定着することはより難しくなっている状況と考えられる。そんな状況の中、移籍期間が最終週には、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチの移籍交渉でユヴェントスはバルセロナにジャンを提供する案も出したことも報道されていた。