現状ではプレミア優勝は難しいと語るロリス「欠けているものがある」

現状ではプレミア優勝は難しいと語るロリス「欠けているものがある」

トッテナムの守護神ロリス [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するフランス代表GKウーゴ・ロリスが同クラブのプレミアリーグ優勝の可能性は現時点ではないと語った。4日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 トッテナムは今季ここまでマンチェスター・Cやアーセナルといったビッグ6との対戦もあり、プレミアリーグ第4節終了時点で1勝2分け1敗の9位とスタートダッシュを切ることには失敗した。シーズンはまだ始まったばかりではあるものの、ロリスはプレミアリーグを優勝するためにはもっと成長しなければならないことを強調した。

「リヴァプールやマンチェスター・Cは経験もあって、とても競争力がある。現時点では僕たちには欠けているものがある。サッカーでの物事はすぐに変わるから今季終盤にどうなっているかはわからない。でも僕たちは自分たち自身にもっと集中しなければならない。勝ち点を取るために、一貫性を保つ必要がある」

 トッテナムは次節、14日にホームでクリスタル・パレスと対戦する。

関連記事(外部サイト)