バルサDFラングレ、ネイマールの移籍騒動終結に「やりやすくなった」

バルサDFラングレ、ネイマールの移籍騒動終結に「やりやすくなった」

バルセロナでプレーするラングレ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するフランス代表DFクレマン・ラングレが今夏の移籍市場が閉幕したことでチームメイトはもっとサッカーに集中できると語った。4日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 パリ・サンジェルマン(PSG)からの退団を希望したブラジル代表FWネイマールの獲得に動いていたバルセロナは、フランス代表FWウスマン・デンベレやクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチなどを譲渡することで高額な移籍金を引き下げようと交渉していることが報じられていた。

 しかし、最終的にバルセロナとPSGの交渉はまとまらず、今夏の移籍市場は閉幕。ネイマールの古巣復帰は実現しなかった。このことにラングレは満足していることを明かした。

「ネイマールについてはたくさんの噂があった。クラブにとってはとても忙しい時期だった。でもそれはすべて終わったこと。これで僕たちはよりやりやすくなったね」

関連記事(外部サイト)