アスピリクエタ、チェルシー退団ならバスクの2クラブによる争奪戦勃発か

アスピリクエタ、チェルシー退団ならバスクの2クラブによる争奪戦勃発か

チェルシーのアスピリクエタ [写真]=Getty Images

 チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタにスペイン復帰の噂があるようだ。イギリス紙『エクスプレス』が4日に伝えている。

 2012年にマルセイユから加入して以降、主将を務めるなど不動の地位を築いてきたアスピリクエタだが、今シーズンはやや精細を欠いたプレーが目立っている。同メディアは負傷離脱中のUー20イングランド代表リース・ジェームズが復帰後にアスピリクエタの牙城を崩す可能性があるとし、その場合にはアスピリクエタが新天地を求めるのではないかと推測している。

 移籍先として同メディアが挙げたのはアスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダの2クラブ。ともにバスク地方に本拠地を置く2クラブ間で争奪戦となるだろうと伝えている。今後の動向に注目したいところだ。

関連記事(外部サイト)