インテルのウルトラス、ルカクへのモンキーチャントを擁護する声明文

インテルのウルトラス、ルカクへのモンキーチャントを擁護する声明文

インテルでプレーするルカク [写真]=Getty Images

 インテルのウルトラスがSNS上でベルギー代表FWロメル・ルカクへ向けた声明文を発表、人種差別的なモンキーチャント(猿の鳴き真似)を同選手へ浴びせたカリアリのサポーターを擁護した。

 声明文でウルトラスは「あなた(ルカク)がカリアリで起こったことを人種差別だと思っているのは本当に残念だ。イタリアは人種差別が現実の問題となっている、他の多くの北ヨーロッパ諸国とは異なることを理解する必要がある。あなたにとって人種差別主義者のように見えたかもしれないが、そうではない。イタリアではチームを助けるために、そして人種差別のためではなく、いくつか方法を用いることがある。あれはただの挑発だ」とルカクへのモンキーチャントはカリアリサポーターがチームを助けるために行った挑発行為に過ぎず、人種差別ではないとした。

 また「イタリアのファンは完璧ではないかもしれない。しかし彼らは間違いなく人種差別を意図しているのではない」と人種差別的な意図の存在を否定した。

 しかしモンキーチャントを浴びせられたルカク側は、これらを挑発行為ではなく人種差別だと捉えている。また今日のサッカー界で人種差別撲滅が叫ばれる中、インテルのウルトラスは歪んだ差別主義的な価値観を持っていることを露呈してしまった。

関連記事(外部サイト)