随所に輝きも反省を口にする久保建英「ほかに選択肢がある中で…」

随所に輝きも反省を口にする久保建英「ほかに選択肢がある中で…」

日本代表の久保建英(写真は6月) [写真]=Getty Images

 日本代表は5日にキリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦し、2−0で勝利を収めた。試合後、後半から出場したMF久保建英(マジョルカ)がインタビューに応じた。

 久保は2点リードの後半頭からピッチに立つと、2本の直接FKを含む積極的なシュートやドリブル突破で見せ場を作ったが、惜しくもノーゴールに終わった。

「無失点で勝つことができてよかった」と振り返った久保は、「点差を縮められないようにというのと、チャンスがあれば(ゴールを)と思って」試合に入ったという。そしてチャンスシーンについては、「ほかに選択肢がある中でシュートを狙っているので、決めなければいけないシーンだったと思う。次はしっかり決めたいです」と反省を口にした。

 また、「最後のきつい時間に自分もミスをしてピンチを招いてしまったので、残り10分というところはもっと気を引き締めてやらないといけない」と述べた久保は、10日に行われる2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のミャンマー代表戦に向け、「自分は(W杯予選は)初めてなので、チャンスがあれば楽しめればいいかなと思います」と意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)