結果に手応えも…“最後の質”にこだわる南野拓実「向上する必要がある」

結果に手応えも…“最後の質”にこだわる南野拓実「向上する必要がある」

パラグアイ戦に出場した南野拓実 [写真]=Getty Images

 日本代表は5日にキリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦し、2−0で勝利を収めた。フル出場し、1ゴールを記録したMF南野拓実(ザルツブルク)が試合後のインタビューに応じた。

 南野は1点リードの30分、ペナルティエリア右から酒井宏樹(マルセイユ)が折り返したボールをダイレクトで合わせてチーム2点目をマーク。勝利に大きく貢献した。

 得点シーンについて「宏樹くんからいい折り返しがきて、あとは流し込むだけだったので感謝したいです」と振り返った南野は、「サポーターの応援は非常に力になりました。来てくれた方たちのためにも勝ちたかったのでよかったです」とファン・サポーターへの感謝を述べた。

 一方で試合内容については「チャンスを作る場面は多かったですし、それをモノにできたのはよかったです」と手応えを感じつつ、「それでもまだ、最後の質というところは向上する必要があるので、今後に向けてしっかりやっていけたらと思います」と攻撃面では改善の余地があると主張した。

 日本代表は10日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でミャンマー代表戦と対戦する。

関連記事(外部サイト)