古巣・鹿島の本拠地で先制ゴールの大迫勇也「結果が残せてよかった」

古巣・鹿島の本拠地で先制ゴールの大迫勇也「結果が残せてよかった」

先制ゴールを挙げた大迫勇也 [写真]=Getty Images

 日本代表は5日にキリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦し、2−0で勝利を収めた。先制ゴールをマークしたFW大迫勇也(ブレーメン)が試合後のインタビューに応じた。

 先発出場した大迫は23分に、左サイドから長友佑都(ガラタサライ)が上げたクロスボールを左足ダイレクトで合わせて先制点を記録。「長友さんからいいボールがきたので、しっかり当てることができてよかったです」とゴールシーンを振り返った。

 この日の会場は、大迫がプロデビューを果たした古巣・鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアム。「(鹿島は)僕のプロとしての初めてのチームなので、そこでしっかりと結果が残せてよかったです」と、特別な地でのゴールを喜んだ。

 チームはその後、南野拓実(ザルツブルク)のゴールでリードを2点に広げると、守備陣もパラグアイの攻撃をゼロに抑え、完封勝利を収めた。「相手もすごくいいチームでしたし、そのなかでしっかりと次の試合に対して準備ができたと思う」と次戦を見据える大迫は、10日に行われる2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のミャンマー代表戦に向け、「予選が始まりますので、しっかり勝つことをみんなで意識して取り組みたいです」と意気込みを述べた。

関連記事(外部サイト)