ドルトムント主将ロイス、“至宝”ハフェルツ獲得を希望「全力を尽くす」

ドルトムント主将ロイス、“至宝”ハフェルツ獲得を希望「全力を尽くす」

ロイス(右)がハフェルツ(左)の獲得を希望か [写真]=Getty Images

 ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、レヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツについて語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が5日に伝えている。

 ハフェルツは1999年生まれの現在20歳。昨シーズンのブンデスリーガで34試合出場17得点を記録し、一躍ブレイクを果たした。ドイツ代表の未来も背負う超逸材MFには、バイエルンが強い関心を持っており、獲得候補の最上位にリストアップされていると報じられている。

 しかし、バイエルンのライバルであるドルトムントもハフェルツの獲得に興味を持っている模様。同クラブの主将を務めるロイスは、ハフェルツの獲得について「全力を尽くす。(ドイツ代表MF)ユリアン・ブラントの時のようにね」とコメントした。

 レヴァークーゼンのスポーツ・ディレクター(SD)はハフェルツが来夏に移籍することを示唆しているが、同選手の市場価値は1億ユーロ(約118億円)を超えると噂されている。しかし、ドイツの2大クラブが争奪戦を繰り広げる可能性があるようだ。

関連記事(外部サイト)