マンUのアルゼンチン代表DFロホは1月に退団へ…プレー時間の確保を希望か

マンUのアルゼンチン代表DFロホは1月に退団へ…プレー時間の確保を希望か

今冬に移籍が噂されるDFマルコス・ロホ(左)[写真]= Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホUは今冬にクラブを離れる可能性があるという。6日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 マルコス・ロホはオーレ・グンナー・スールシャール監督下での序列は低く、出場機会に恵まれていない。センターバックの以前から熾烈なポジション争いに加えて、イングランド代表ハリー・マグワイアが加入したことがロホの出場機会をさらに減らせているという。アルゼンチン代表でのポジション確保のため、ロホはよりプレー時間を確保できる環境への移籍を求めていると同紙は報じている。

 今夏、ロホはエヴァートンが獲得に近づいたとされているが、最終的にはマンチェスター・U側の判断によって移籍はまとまらなかったと同紙は伝えている。
 

関連記事(外部サイト)