Rベティス、ユーヴェMFジャンの獲得を狙っていた…来年1月に移籍の可能性も

Rベティス、ユーヴェMFジャンの獲得を狙っていた…来年1月に移籍の可能性も

ユヴェントスに所属するジャン [写真]=Getty Images

 レアル・ベティスは今夏、ユヴェントスに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンの獲得を画策していたようだ。6日付けで、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 昨シーズンを10位で終え、今シーズンはUEFAヨーロッパリーグの出場権獲得を目指すレアル・ベティスは、今夏フランス代表FWナビル・フェキルらを獲得。さらに中盤の軸となる選手を求め、マウリツィオ・サッリ監督の就任によりチームでの序列が低下したジャンに狙いを定めていたとのこと。

 しかし、ジャンは結局ユヴェントスに残り、先日発表されたUEFAチャンピオンズリーグの登録メンバーからは外されていた。そして「メンバー外を事前に知っていればユヴェントスに残っていなかった」「失望している」などとコメントしていたジャン。

 同紙は、レアル・ベティスが1月に再びジャンの獲得へ動くのではないかと伝えているが、果たして移籍は実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)