女子初の“マンチェスター・ダービー”が実現!…歴史的一戦はマンCが制す

女子初の“マンチェスター・ダービー”が実現!…歴史的一戦はマンCが制す

女子初のマンチェスター・ダービーはマンCが制した [写真]=Manchester United via Getty Images

 2019−20シーズンのFA女子スーパーリーグ(WSL/イングランド女子1部)が7日に開幕し、史上初となる女子プロチームによる“マンチェスター・ダービー”が実現した。

 昨シーズン2位のマンチェスター・C女子が本拠地のエティハド・スタジアムで初めて宿敵を迎え撃った。マンチェスター・U女子は2018年に創設され、昨シーズン2部優勝を果たしたばかりで、初の1部での試合がダービーマッチとなった。

 試合は48分、マンチェスター・Cのスコットランド女子代表FWキャロライン・ウィアーが左サイドの高い位置でボールをカットし、そのまま左足を一閃。豪快なミドルシュートをゴール右サイドネットに突き刺して、ダービー初得点をマークした。これが決勝点となり、マンチェスター・Cが1−0で歴史的な勝利を収めた。

 なお、歴史的なダービーマッチには、WSL史上最多の3万1213人もの観客が集まった。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、これまでの最多記録は今年4月にアーセナルが優勝を決めたブライトン戦での5265人だったが、今回はその約6倍で記録を更新。だが、8日に行われるチェルシー対トッテナムの試合では、4万人以上の観客が見込まれており、連日の新記録が期待されている。

関連記事(外部サイト)