4戦未勝利のワトフォード、グラシア監督を解任…フローレス監督が4季ぶり復帰

4戦未勝利のワトフォード、グラシア監督を解任…フローレス監督が4季ぶり復帰

ワトフォード復帰が決まったフローレス監督 [写真]=Getty Images

 ワトフォードは7日、ハビ・グラシア監督の解任とキケ・サンチェス・フローレス監督の就任をクラブ公式サイトで発表した。

 49歳のグラシア監督は、2018年1月にワトフォードの指揮官に就任した。昨シーズンはプレミアリーグ開幕4連勝を飾ると、昨年8月の月間最優秀監督賞を受賞し、同年11月には2023年まで契約を延長。最終的にプレミアリーグ11位、FAカップ準優勝に導いた。しかし今シーズンはプレミアリーグ第4節を終えて、1分3敗で最下位に沈んでいた。

 54歳のフローレス監督は、バレンシアやアトレティコ・マドリードなどで指揮を執り、2015−16シーズンは9年ぶりにプレミアリーグ復帰を果たしたワトフォードの監督を努めて残留とFAカップ準決勝進出に導いていた。その後はエスパニョールを経て、昨年12月に中国スーパーリーグの上海申花の指揮官に就任したが、今年7月に半年間で個人的な理由により辞任していた。

 今シーズンのプレミアリーグで最初の監督交代に踏み切ったワトフォード。4シーズンぶりの復帰で再建を託されたフローレス監督の初陣は、15日にホームで行われるリーグ第5節のアーセナル戦となる。

関連記事(外部サイト)