CB補強を目指すマンC、シュクリニアルに関心も…インテルに売却の意思なし

CB補強を目指すマンC、シュクリニアルに関心も…インテルに売却の意思なし

マンCが関心を示すインテルのシュクリニアル [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cがインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルに関心を示している模様だ。イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が7日に報じている。

 マンチェスター・Cは今夏、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが退団したが、今夏での後釜獲得には至らなかった。また、プレミアリーグ第4節のブライトン戦でフランス代表DFアイメリク・ラポルテが負傷したことで、センターバックを務める選手が不足している。

 同紙によると、マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、今冬でのセンターバック補強を望んでいる模様。候補としてインテルのシュクリニアルが挙がっているが、インテルに売却の意思はないという。

 現在24歳のシュクリニアルは2017年にサンプドリアからインテルに加入すると、主力として在籍2シーズンで公式戦86試合に出場。また、スロバキア代表としても26試合に出場している。

 

関連記事(外部サイト)