今夏の移籍は叶わずも…レアル主将S・ラモスがポグバを称賛「偉大な選手の1人」

今夏の移籍は叶わずも…レアル主将S・ラモスがポグバを称賛「偉大な選手の1人」

レアル・マドリードに所属するセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、マンチェスター・Uのフランス代表MFポール・ポグバについて言及した。10日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今夏、レアル・マドリードはポグバの獲得を画策していたものの、実現することはできなかった。報道によると、2760万ポンド(約36億円)とコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを合わせたオファーも、マンチェスター・Uは断ったと伝えられている。

 そんな中、セルヒオ・ラモスはポグバを「偉大な選手の1人」と称賛しており、将来レアル・マドリードに加わることを望んでいるようだ。以下のように語っている。

「レアル・マドリードは、常に彼のような優秀なプレーヤーを求めている。彼には素晴らしい攻撃的センスが備わっている。フィジカルも驚くべきものだね。その価値はユヴェントスやマンチェスター・Uで示されているものさ」

 今シーズン、ここまでプレミアリーグ4試合に出場しているポグバ。果たして、今後“白い巨人”の一員になる日は訪れるのだろうか。

関連記事(外部サイト)