イングランド、前半5発で4連勝…コソボに開始34秒で失点も計8点の打ち合い制す

イングランド、前半5発で4連勝…コソボに開始34秒で失点も計8点の打ち合い制す

イングランドがコソボを破って無傷の4連勝 [写真]=Getty Images

 EURO2020予選・グループA第6節が10日に行われ、イングランド代表はホームでコソボ代表と対戦した。

 試合は波乱の幕開けとなった。キックオフからわずか34秒、マイケル・キーンのパスミスをベダト・ムリキがカットし、すぐさまペナルティエリア内へラストパス。これをヴァロン・ベリシャが右足ダイレクトで蹴り込みゴールネットを揺らす。EURO初出場を目指すFIFAランク120位のコソボが、同4位のイングランドからリードを奪った。

 しかしこれで完全に火がついたイングランドは8分、右CKをキーンが折り返し、ラヒーム・スターリングが頭で合わせて、すぐさま同点に追いつく。19分にはスターリングからパスを受けたハリー・ケインがエリア左からGKの股を抜く左足シュートを突き刺し、逆転に成功した。

 38分には、ジェイドン・サンチョがエリア右に切り込んで折り返すと、相手のオウンゴールを誘って3点目。さらにサンチョは44分にエリア右でスターリングのパスを受けて右足シュートを流し込み、前半アディショナルタイム1分にはスターリングの折り返しに合わせて、2分間で2ゴールを挙げた。

 イングランドは前半の内に5点を奪ったものの、後半は再び立ち上がりに失点。コソボは49分、高い位置でボールを奪うと、右サイドのムリキがクロスを送り、ファーのベリシャがDFを1人かわして右足シュートを叩き込んだ。さらに55分には、ムリキがハリー・マグワイアに倒されてPKを得ると、自らゴール右隅に決めて点差を2点に縮める。

 イングランドは後半に入ってゴールが遠く、63分にロス・バークリーがエリア内で倒されてPKを獲得したが、キッカーのケインがゴール左隅を狙ったシュートはGKにセーブされた。試合はこのままタイムアップを迎え、前半に5得点を挙げたイングランドが勝利し、無傷の4連勝で首位キープ。これまで2勝2分と好調だったコソボは予選初黒星を喫した。

 次節、イングランドは10月11日にアウェイでチェコ代表と対戦。コソボは同10日の国際親善試合でジブラルタル代表と対戦する。

【スコア】
イングランド代表 5−3 コソボ代表

【得点者】
0−1 1分 ヴァロン・ベリシャ(コソボ)
1−1 8分 ラヒーム・スターリング(イングランド)
2−1 19分 ハリー・ケイン(イングランド)
3−1 38分 オウンゴール(メルギム・ヴォイヴォダ)(イングランド)
4−1 44分 ジェイドン・サンチョ(イングランド)
5−1 45+1分 ジェイドン・サンチョ(イングランド)
5−2 49分 ヴァロン・ベリシャ(コソボ)
5−3 55分 ベダト・ムリキ(PK)(コソボ)

関連記事(外部サイト)