マンU指揮官がレスター戦に向けて会見…新加入2選手について言及

マンU指揮官がレスター戦に向けて会見…新加入2選手について言及

マグワイアとD・ジェームズについて言及したマンU指揮官 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が14日に行われるプレミアリーグ第5節・レスター戦に向けて会見を行った。クラブ公式サイトが会見内容を伝えている。

 マンチェスター・Uはここまで1勝2分1敗で勝ち点「5」。第1節のチェルシー戦以降未勝利となっている。スールシャール監督は、イングランド代表DFハリー・マグワイアがレスターとの初の古巣対戦を迎えることについて言及した。

「以前のクラブとの対戦を楽しみにしているだろう。しかし、今はこのクラブの選手で、クラブの未来にとって重要な存在になる。だからこそ、我々はレスターの試合を何度も見て、彼こそチームが求めている選手と判断した」

 また、同監督はマグワイアを以下のように称賛した。

「彼は素晴らしい。ビッグクラブのキャプテンに相応しいだけの性格で、それだけの器量の持ち主。パフォーマンス、存在感、立ち振る舞いにより、ドレッシングルームのリーダーだ。ついていきたいと思える人物であり、テクニックや声で引っ張れるリーダーだ。彼はそういう要素を多く持っている選手だ」

 スールシャール監督は同じく新加入のウェールズ代表MFダニエル・ジェームズについても言及。クラブ公式サイトによると、D・ジェームズはレスター戦でゴールを決めれば、開幕からホームゲーム3試合連続でゴールを記録したクラブ史上2人目の選手になる模様だ。唯一の記録保持者であるスールシャール監督は、冗談を交えて次のように述べた。

「1分だけプレーさせて、交代させよう(笑)。彼のポテンシャルは、スカウティング、それから彼のプレーを見ればわかる。ライアン・ギグスと話してもわかった。何も驚いてはいない。まだまだ点を決めてくれるだろう。彼はスピードと、ボックス周辺でチャンスを作る能力に優れている」

関連記事(外部サイト)