各オッズで見る2019−20シーズンのCL…大手ブックメーカーの予想は?

各オッズで見る2019−20シーズンのCL…大手ブックメーカーの予想は?

今季CL優勝を期待されているチームたち [写真]=Getty Images

 いよいよ開幕間近に迫ったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ。英国の大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』では、大会優勝チームや得点王、さらに各グループの勝ち上がり予想など、様々なオッズが公開されている。

 そこで本稿では、各項目別にオッズを紹介する。なお以下はすべて、日本時間16日正午時点のオッズとなっている。

写真=ゲッティイメージズ

■優勝チーム <トップ10>
1位 マンチェスター・C(4.0倍)
2位 バルセロナ(6.0倍)
3位 リヴァプール(7.5倍)
4位 レアル・マドリード(8.0倍)
5位 ユヴェントス(10.0倍)
  パリ・サンジェルマン(10.0倍)
7位 バイエルン(11.0倍)
8位 アトレティコ・マドリード(17.0倍)
9位 トッテナム(21.0倍)
10位 チェルシー(26.0倍)

 昨季、イングランド初の国内3冠を達成したマンチェスター・Cが4.0倍で一番人気。5シーズンぶりの欧州制覇を狙うバルセロナが6.0倍で続く。連覇がかかるリヴァプールは7.5倍で3番手につけた。王座奪還を狙うレアル・マドリードが8.0倍で4位。悲願のCL優勝を狙う、イタリア王者のユヴェントスとフランス王者のパリ・サンジェルマンが10.0倍で5位タイとなっている。

■決勝進出チーム <トップ10>
1位 マンチェスター・C(2.62倍)
2位 バルセロナ(3.25倍)
3位 リヴァプール(4.0倍)
  レアル・マドリード(4.0倍)
5位 ユヴェントス(5.0倍)
  パリ・サンジェルマン(5.0倍)
7位 バイエルン(5.5倍)
8位 アトレティコ・マドリード(8.0倍)
9位 トッテナム(10.0倍)
10位 チェルシー(13.0倍)

 1位から10位まで、「優勝チーム予想」に登場するクラブと顔ぶれは変わらない。現時点では、マンチェスター・Cとバルセロナによるファイナルが一番人気。イングランド王者とスペイン王者による頂上決戦を期待する声が特に多いようだ。とはいえ、8位アトレティコ・マドリード(8.0倍)まで一桁台のオッズがついているように、多くのクラブに可能性がある。

■国別優勝
1位 イングランド勢(2.75倍)
2位 スペイン勢(3.4倍)
3位 イタリア勢(6.0倍)
4位 ドイツ勢(8.0倍)
5位 フランス勢(9.0倍)
6位 その他(17.0倍)



 昨シーズンはCLだけでなく、ヨーロッパリーグでも決勝で同国対決を実現したイングランド勢。今シーズンも彼らが優勝に最も近い存在と考えられているようで、国別の優勝予想オッズでも、1番人気の2.75倍となっている。対抗馬はレアル・マドリードとバルセロナの2強が王座奪還を狙うスペイン勢。大型補強を敢行したアトレティコ・マドリードの存在もあり、オッズは3.4倍とイングランド勢に肉薄している。

■得点王 <トップ10>
1位 リオネル・メッシ(5.0倍/バルセロナ)
2位 クリスティアーノ・ロナウド(5.5倍/ユヴェントス)
3位 セルヒオ・アグエロ(9.0倍/マンチェスター・C)
4位 モハメド・サラー(10.0倍/リヴァプール)
5位 ロベルト・レヴァンドフスキ(13.0倍/バイエルン)
  ラヒーム・スターリング(13.0倍/マンチェスター・C)
7位 キリアン・ムバッペ(15.0倍/パリ・サンジェルマン)
8位 サディオ・マネ(21.0倍/リヴァプール)
  ハリー・ケイン(21.0倍/トッテナム)
10位 ネイマール(23.0倍/パリ・サンジェルマン)
  アントワーヌ・グリーズマン(23.0倍/バルセロナ)



 CLの得点王には、過去12シーズン連続でリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのどちらかが名を連ねている(注:2014−15シーズンはネイマールが彼らと並ぶ10得点をマーク)。それ故、今季も2大スターの争いになると見られている。“2強”の牙城を崩す可能性があるとして期待されているのが、グループステージの組み合わせにも恵まれたマンチェスター・Cのセルヒオ・アグエロやリヴァプールのモハメド・サラー。新たな得点王の誕生にも期待がかかる。

■グループ全勝&全敗チーム
<全勝(トップ5)>
1位 マンチェスター・C(5.0倍)
2位 リヴァプール(9.5倍)
3位 バルセロナ(10.0倍)
4位 バイエルン(12.0倍)
5位 レアル・マドリード(15.0倍)
  パリ・サンジェルマン(15.0倍)

<全敗(トップ5)>
1位 スラビア・プラハ(4.5倍)
2位 ロコモティフ・モスクワ(5.0倍)
3位 ヘンク(5.5倍)
4位 ツルヴェナ・ズヴェズダ(8.0倍)
  クラブ・ブルージュ(8.0倍)

 グループ全勝の最有力候補は、マンチェスター・C。アタランタ、シャフタール、ディナモ・ザグレブが同居するグループCにおいては頭一つ抜け出しており、6戦全勝も夢ではないか。一方、全敗に最も近いチームとされるのが、バルセロナ、ドルトムント、インテルと同じグループFに入ったスラビア・プラハ。“1弱”との見方が多勢を占めるなか、“チェコ王者”としての意地とプライドを発揮してもらいたい。

■各グループの1位&2位通過チーム

<グループA>
1番人気:1位レアル・マドリード/2位パリ・サンジェルマン(2.1倍)
2番人気:1位パリ・サンジェルマン/2位レアル・マドリード(2.37倍)

<グループB>
1番人気:1位バイエルン/2位トッテナム(2.1倍)
2番人気:1位トッテナム/2位バイエルン(2.75倍)

<グループC>
1番人気:1位マンチェスター・C/2位アタランタ(2.1倍)
2番人気:1位マンチェスター・C/2位シャフタール(2.5倍)

<グループD>
1番人気:1位ユヴェントス/2位アトレティコ・マドリード(2.1倍)
2番人気:1位アトレティコ・マドリード/2位ユヴェントス(3.0倍)

<グループE>
1番人気:1位リヴァプール/2位ナポリ(1.8倍)
2番人気:1位ナポリ/2位リヴァプール(3.75倍)

<グループF>
1番人気:1位バルセロナ/2位ドルトムント(2.37倍)
2番人気:1位バルセロナ/2位インテル(2.75倍)

<グループG>
1番人気:1位ライプツィヒ/2位リヨン(6.0倍)
2番人気:1位リヨン/2位ライプツィヒ(7.0倍)

<グループH>
1番人気:1位チェルシー/2位アヤックス(4.33倍)
2番人気:1位チェルシー/2位バレンシア(5.0倍)

 全8グループ中6グループで、1番人気と2番人気のオッズが「4.0倍未満」となった。それだけ、力関係が明確なグループが多いと言える。例外は、グループGとグループH。グループGは1番人気の「1位ライプツィヒ/2位リヨン」でさえ6.0倍のオッズがついており、4チーム(ゼニト、ベンフィカ、リヨン、ライプツィヒ)の実力は横一線ということが改めて分かる。一方、グループHはチェルシーの1位通過は有力で、2位通過をアヤックスとバレンシアが争うと予想されている。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)