ユーヴェは2点先行も勝ち切れず…アトレティコ、エレーラ劇的弾で意地のドロー

ユーヴェは2点先行も勝ち切れず…アトレティコ、エレーラ劇的弾で意地のドロー

アトレティコとユヴェントスの一戦はドロー [写真]=Juventus FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が18日に行われ、アトレティコ・マドリードとユヴェントスが対戦した。

 ホームのアトレティコは10分、カウンターでジョアン・フェリックスが自陣からドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア内で3人に囲まれながらもシュートを放つが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーにセーブされる。一方のユヴェントスは35分、ミラレム・ピアニッチがエリア手前中央からミドルシュートで狙ったが、これはDFのブロックに阻まれた。

 試合が動いたのは後半立ち上がりの48分。ゴンサロ・イグアインがカウンターで左サイドを抜け出し、味方の上がりを待って逆サイドへパス。エリア右で受けたフアン・クアドラードが強烈な左足シュートを突き刺し、ユヴェントスが先制に成功した。

 1点を追うアトレティコは60分、コケがエリア右の深い位置から折り返し、中央のホセ・ヒメネスが合わせたが、シュートはクロスバーの上に外れた。難を逃れたユヴェントスは65分、アレックス・サンドロが左サイドからクロスを送ると、ゴール前に走り込んだブレーズ・マテュイディが頭で合わせて、リードを2点に広げた。

 しかしアトレティコも70分、敵陣中央のFKでコケがエリア左へボールを送ると、ヒメネスの折り返しをゴール前のステファン・サヴィッチが頭で押し込んで1点を返す。82分には、ビトーロがエリア手前左からミドルシュートを放つが、GKシュチェスニーの好守を破れず。

 それでも90分、キーラン・トリッピアーの左CKでエクトル・エレーラが味方と交錯しながらもヘディングシュートを叩き込み、アトレティコの劇的ゴール。試合はこのまま終了。アトレティコがホームで意地のドローに持ち込んだ。

 次節、アトレティコは10月1日にアウェイでロコモティフ・モスクワと、ユヴェントスは同日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 2−2 ユヴェントス

【得点者】
0−1 48分 フアン・クアドラード(ユヴェントス)
0−2 65分 ブレーズ・マテュイディ(ユヴェントス)
1−2 70分 ステファン・サヴィッチ(アトレティコ)
2−2 90分 エクトル・エレーラ(アトレティコ)

関連記事(外部サイト)