名古屋、新監督に初勝利届けられず…終盤の猛攻で追いつき大分とドロー

名古屋、新監督に初勝利届けられず…終盤の猛攻で追いつき大分とドロー

名古屋が終盤の猛攻で追いついた

 明治安田生命J1リーグ第28節が行われ、名古屋グランパスと大分トリニータが対戦した。

 マッシモ・フィッカデンティ監督の初陣はドロー。初勝利を届けたい名古屋がホームに大分を迎えた。

 序盤は両チームとも丁寧にボールをつなぐ姿勢を見せる。また守備ブロックに阻まれ決定機を作り出すことができない。徐々にシュートチャンスも増えるが決めきることができず、前半は終了。勝負は後半に持ち越された。

 試合が動いたのは52分、流れたクロスを再度拾った田中達也が左サイドからニアに送ると、三平和司が反応しヘディングシュート。ネットに突き刺し大分が先制した。

 失点した名古屋は攻勢をかけるも、なかなか大分の牙城を崩すことができない。すると75分、小林成豪が左にはたくと、シンプルなクロスを上げる。これに入り込んだ小林がフリーでヘディングシュート。下がりながらの難しいシュートで、惜しくも外れてしまった。

 すると後半アディショナルタイム1分、名古屋の猛攻が実る。エドゥアルド・ネットがファーサイドへクロスを送ると、後半に代わって入った赤ア秀平がヘディングシュート。強烈なシュートは岡野洵に当たるも、ネットを揺らした。

 大分は三平が3試合連続ゴールとなったが、土壇場で追いつかれ名古屋と勝ち点1を分け合った。次節、19日に名古屋はホームでベガルタ仙台と、大分は18日に浦和レッズと敵地で対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 1−1 大分トリニータ

【得点者】
52分 0−1 三平和司(大分トリニータ)
90+1分 1−1 赤ア秀平(名古屋グランパス)

関連記事(外部サイト)