マンU、FW補強に隠し球あり…ロシアの長身ストライカーをリストアップか

マンU、FW補強に隠し球あり…ロシアの長身ストライカーをリストアップか

リーグ戦11試合で8得点を記録するソボレフ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがクリリヤ・ソヴェトフ(ロシア1部)でプレーするロシア人FWアレクサンドル・ソボレフの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が4日に伝えている。

 今夏ベルギー代表FWロメル・ルカク(インテルへ)とチリ代表FWアレクシス・サンチェス(インテルへ)を放出しながら点の取れるFWの補強を行わなかったマンチェスター・Uは、ここまでプレミアリーグ7試合で9得点の10位とやや出遅れてしまっている。

 冬の移籍市場では得点力アップの起爆剤となる選手が求められる中、クラブはボーンマスのイングランド代表FWカラム・ウィルソンやユヴェントスの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチに加えてソボレフを候補に加えた模様。同選手の移籍金は1500万ポンドほどと見られ。他のストライカーの選択肢よりも格安となっている。

 1997年生まれで22歳のソボレフは195センチの長身を駆使したプレーが持ち味でロシアの各年代別代表でプレーしてきた。今シーズンここまでリーグ戦11試合で8得点を挙げており、評価を急激に高めている。

関連記事(外部サイト)