台風19号の影響を受けたJリーグが変更の詳細を発表…J2・J3計6試合

台風19号の影響を受けたJリーグが変更の詳細を発表…J2・J3計6試合

台風19号の影響で中止となった試合の日程変更が発表 [写真]=Getty Images

 Jリーグは11日、台風19号接近の影響により中止が決定した12日開催の5試合について、代替日やキックオフ時刻の変更などを発表した。

 発表されたのは、10日のリリース時点で変更の詳細が発表されていなかったJ2第36節の2試合と、J3第26節の3試合。また、J3第26節・ブラウブリッツ秋田対ザスパクサツ群馬、カターレ富山対ロアッソ熊本の2試合はキックオフ時間が変更となっている。

 キックオフ時間の変更や代替開催日が発表された試合は以下の通り。

■キックオフ時間が変更となった試合
明治安田生命J3リーグ第26節
10月12日(土) 13:00キックオフ ブラウブリッツ秋田対ザスパクサツ群馬
10月13日(日) 16:00キックオフ カターレ富山対ロアッソ熊本

■代替開催となった試合
明治安田生命J2リーグ第36節
10月13日(日) 14:00キックオフ 大宮アルディージャ対アビスパ福岡
10月15日(火) 19:00キックオフ 横浜FC対ツエーゲン金沢

明治安田生命J3リーグ第26節
10月13日(日) 15:00キックオフ アスルクラロ沼津対FC東京U−23
10月14日(月) 13:00キックオフ ヴァンラーレ八戸対SC相模原

関連記事(外部サイト)