レアル、クロース弾でガラタサライ破り待望の勝ち点3! 長友はフル出場

レアル、クロース弾でガラタサライ破り待望の勝ち点3! 長友はフル出場

トニ・クロースの先制点を守り切ったレアル・マドリードが勝利した [写真]=Anadolu Agancy via Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が22日に行われ、DF長友佑都が所属するガラタサライはホームにレアル・マドリードを迎えた。なお、長友佑都はフル出場を果たしている。

 ガラタサライは10分、フロリ・アンドネがGKとの1対1のチャンスで右足から強烈なシュートを放つが、GKクルトワの正面に飛び先制点を阻まれる。その直後もFKからアンドーレが合わせるが再びクルトワのセーブでゴールには至らなかった。

 先手を取ったのはレアル・マドリード。カリム・ベンゼマとエデン・アザールのワンツーでゴール前まで攻めあがると、最後はアザールのクロスをトニ・クロースが沈めて先制に成功した。

 1点リードで後半を迎えたレアルは53分、ベンゼマが相手DFに詰められながらも強引に相手ゴールを狙う。放ったシュートは枠を捕えるが相手GKのファインセーブに阻まれ追加点とはならない。65分にはアザールがGKをかわして決定機を迎えるが、シュートはクロスバーに弾かれゴールネットを揺らすことはできなかった。

 その後も最後まで一進一退の攻防が続くが、そのまま試合は終了。レアル・マドリードが1点差を守り切って勝利し、今季CL初勝利となった。一方のガラタサライはホーム2連敗となっている。

【スコア】
ガラタサライ 0−1 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 18分 トニ・クロース(レアル・マドリード)

関連記事(外部サイト)