リヴァプールの7選手がバロンドールの候補者に…クロップは「選ばれて当然」

リヴァプールの7選手がバロンドールの候補者に…クロップは「選ばれて当然」

バロンドールの候補者にノミネートされたリヴァプールの7選手 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、2019年のバロンドールの候補者に言及した。22日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 バロンドールはフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催し、記者の投票によって年間の最優秀選手を決める賞だ。21日に今年の受賞候補者30名が発表され、昨季のチャンピオンズリーグを制したリヴァプールからは最多の7選手がノミネートされた。



 クロップ監督は発表された候補者について、次のようにコメント。ジョークを交えつつ、ノミネートされた選手たちを称賛した。

「私の最初の疑問は、『誰がノミネートされていないんだ?』だったよ。プレイヤーがこの賞を勝ち取るのは大きなことだが、そうでなくてもあまり心を痛めたりはしないはずだ。昨シーズンのプレーを踏まえれば、多くの選手が専門家に指名されるのは当然だね」

「私たちの7選手はノミネートに値すると思う。7人がノミネートされたというだけでなく、選手たち全員を誇りに思っている。彼らが大好きだし、彼らが何かを勝ち取れば私は幸せだ」

 バロンドールの受賞式は12月2日に行われる予定となっている。

関連記事(外部サイト)