鹿島、神戸、清水、長崎がベスト4進出! Honda FCの快進撃はここまで/天皇杯準々決勝

鹿島、神戸、清水、長崎がベスト4進出! Honda FCの快進撃はここまで/天皇杯準々決勝

天皇杯準決勝出場チームが決定した [写真]=Getty Images

 天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の準々決勝が、23日に各地で行われた。

 鹿島アントラーズは、快進撃を続けるHonda FCをホームに迎えた。試合は前半をスコアレスで折り返したが、後半に土居聖真のゴールで鹿島が先制点を奪った。鹿島が1点差を守り切り、準決勝に駒を進めた。

 ヴィッセル神戸は大分トリニータと対戦。前半をスコアレスで折り返すと、神戸は56分に山口蛍のゴールで先制に成功。この1点を守り切り、神戸が準決勝進出を決めた。

 サガン鳥栖と清水エスパルスの一戦は、15分にドゥトラのゴールでアウェイの清水が先制。鳥栖は77分、小野裕二がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。しかし、この判定は主審によって取り消された。鳥栖は清水の守備を崩すことが出来ずにこのまま1−0で試合終了を迎えた。

 唯一のJ2勢対決となったV・ファーレン長崎とヴァンフォーレ甲府の一戦。試合は序盤から長崎が2得点を奪い、ペースを掴む。甲府は前半のうちに1点を返すも、反撃及ばず。長崎が勝利し、次へと繋げた。

 準々決勝の結果と、準々決勝のカードは以下の通り。

■準々決勝
鹿島アントラーズ 1−0 Honda FC
ヴィッセル神戸 1−0 大分トリニータ
サガン鳥栖 0−1 清水エスパルス
V・ファーレン長崎 2−1 ヴァンフォーレ甲府

■準決勝(12月21日)
ヴィッセル神戸 vs 清水エスパルス
鹿島アントラーズ vs V・ファーレン長崎

関連記事(外部サイト)