1月で契約満了のイブラ、セリエA復帰を希望…ナポリやインテルが関心

1月で契約満了のイブラ、セリエA復帰を希望…ナポリやインテルが関心

イブラヒモヴィッチはセリエA復帰を希望している [写真]= Getty Images

 ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチはセリエA復帰を希望している。23日にイタリア紙『カルチョメルカート』が報じた。

 現在38歳のイブラヒモヴィッチはキャリア通算740試合に出場し455ゴール174アシストを記録。今シーズンも30試合で30ゴール7アシストをマークし、まったく衰えを感じさせないパフォーマンスを叩き出している。

 同選手の現行契約は2019年12月限りで満了する。現役引退を視野に入れている様子が伺えないイブラヒモヴィッチは、次なる新天地としてセリエA復帰を希望しているとコメントを残していた。

 同紙によると、イタリアの名門であるインテルやナポリが同選手の獲得に関心を示しているという。欧州の強豪クラブを渡り歩き、数々の優勝トロフィーを掲げてきたイブラヒモヴィッチであれば、チームの力になること間違いなしだ。

関連記事(外部サイト)