土居聖真弾で鹿島が4強入り! Honda FCは準々決勝で姿を消す

【全日本サッカー選手権大会準々決勝】鹿島アントラーズ、Honda FC破り4強入り

記事まとめ

  • 全日本サッカー選手権大会の準々決勝で、鹿島アントラーズとHonda FCが対戦
  • 右サイドからのクロスに土居聖真が頭で合わせ鹿島が先制に成功し、1点差を守り切った
  • “ジャイアントキリング”を起こしてきたHonda FCは準々決勝での敗退となった

土居聖真弾で鹿島が4強入り! Honda FCは準々決勝で姿を消す

土居聖真弾で鹿島が4強入り! Honda FCは準々決勝で姿を消す

鹿島アントラーズが天皇杯ベスト4進出を決めた

 天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の準々決勝が23日に行われ、鹿島アントラーズとHonda FCが対戦した。

 前半は互いに得点を挙げることができず、迎えた後半に試合が動く。65分、右サイドからのクロスに土居聖真が頭で合わせ、鹿島が先制に成功した。

 試合はこのまま鹿島が1点差を守り切り、1−0で終了。2回戦で北海道コンサドーレ札幌、3回戦で徳島ヴォルティス、ラウンド16(4回戦)で浦和レッズを下して“ジャイアントキリング”を起こしてきたHonda FCだったが、準々決勝敗退となった。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1−0 Honda FC

【得点者】
1−0 65分 土居聖真(鹿島アントラーズ)

関連記事(外部サイト)