バルベルデ監督、苦しみながらも掴んだ勝利に「上手く対処する方法を」

バルベルデ監督、苦しみながらも掴んだ勝利に「上手く対処する方法を」

バルセロナのバルベルデ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チャンピオンズリーググループステージ第3節スラヴィア・プラハ戦後のインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バルセロナは同試合で開始早々にエースのリオネル・メッシの得点で先制しながら、後半1度追いつかれるなど苦戦。結局相手のオウンゴールが決勝点となって辛勝する形となった。

試合後バルベルデ監督は「相手がスコアボードの勝者にならないのなら私たちの期待通りのゲームだ。順調なスタートだったけれど、失点してしまった。最終的に問題はなかったとはいえ、得点が不足しリスクを抱えてしまったんだ」と振り返っている。

また、「これらのゲームは上手く対処する方法を知っている必要があるね。心の安らぎが生まれないからね。私たちは彼らよりも明確なチャンスを持っていると思うよ」と述べている。

関連記事(外部サイト)