マンC、ファビアン・ルイスに熱視線…ナポリ側は移籍金216億円を求める

マンC、ファビアン・ルイスに熱視線…ナポリ側は移籍金216億円を求める

ナポリのファビアン・ルイスが人気銘柄に [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cがナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『ガーディアン』が23日に伝えている。

 同メディアによるとマンチェスター・Cは同選手のプレーをチェックするため、同日のチャンピオンズリーググループステージ第3節ザルツブルク戦にスカウトを派遣していたという。同選手についてはレアル・マドリードやバルセロナも注目しており、その争奪戦は熾烈を極めることとなりそうだ。

 またナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は先日、「ナポリはファビアンに3000万ユーロ(約36億円)を支払った。そして彼は素晴らしい選手だ。欧州のトップクラブが1億8000万ユーロ(216億円)を提示するのなら、彼の売却について話し合いを始めるかもね」と高額の移籍金を求めるコメントを残している。マンチェスター・Cとナポリの関係は2018年夏のイタリア代表MFジョルジーニョ(チェルシー)の移籍を巡って険悪とされているが、移籍金の提示さえあれば取引は問題ないようだ。

関連記事(外部サイト)