オーバートレーニング症候群で離脱中の六反勇治、藤枝でトレーニングへ

オーバートレーニング症候群で離脱中の六反勇治、藤枝でトレーニングへ

オーバートレーニング症候群で離脱中の六反 [写真]=Getty Images

 清水エスパルスは24日、オーバートレーニング症候群と診断されたGK六反勇治の今後について発表した。

 六反は今年6月のトレーニング中に左足リスフラン関節を負傷し離脱後、8月にはオーバートレーニング症候群と診断され、これまで治療を行っていた。清水は今後同選手が、来季の復帰に向けて藤枝MYFCにて当面の間、トレーニングを行うことを発表した。

 現在32歳の六反は2017年の清水加入以降、2シーズン連続でリーグ戦全試合出場を果たしていたが、今季は5月22日に行われた2019JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ最終節のジュビロ磐田戦を最後に離脱を余儀なくされている。

関連記事(外部サイト)