クロップ監督がCL先制弾のチェンバレンを称賛「素晴らしい瞬間」

クロップ監督がCL先制弾のチェンバレンを称賛「素晴らしい瞬間」

チェンバレン(右)を称賛したクロップ監督(左) [写真]=Getty Images

リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンを称賛している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日付で伝えている。

 チェンバレンは、昨年4月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグ・ローマ戦で負傷し、ヒザのじん帯を損傷。昨シーズンの大半を治療に当てたが、今シーズンは調子を取り戻している。

 23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節ヘンク戦に出場したチェンバレンは開始2分に先制ゴールをもたらすと、57分にも追加点を挙げ、4−1での快勝に大きく貢献した。

 試合を振り返ったクロップ監督は、2ゴールを挙げたチェンバレンについて次のようにコメントし、称賛している。

「彼にとって素晴らしい瞬間になったね。彼のパフォーマンスは(快勝した)チームのパフォーマンスと同じくらいいいものだった。ゴールは非常に素晴らしいものだったがそれ以外の部分(復帰し調子を戻していること)はよりよかったと言えるね」

関連記事(外部サイト)