ポルトとレンジャーズは痛み分けドロー…中島翔哉は63分から出場

ポルトとレンジャーズは痛み分けドロー…中島翔哉は63分から出場

途中出場で攻撃にアクセントを加えた中島 [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節が24日に行われ、ポルトがレンジャーズをホームに迎えた。ポルトに所属する中島翔哉は63分から途中出場している。

 試合は36分に動く。敵陣深くで相手DFのパスをカットしたポルトのルイス・ディアスが、右足で強烈なミドルシュート。ボールはゴール右隅に吸い込まれ、ポルトが先手を取った。

 追いかけるレンジャーズもすぐさま反撃に出る。44分、左サイドを駆け上がったボルナ・バリシッチがアーリークロスを送ると、中で待っていたのはアルフレッド・モレロス。右足でニアサイドを撃ち抜き、レンジャーズが前半のうちに試合を振り出しに戻した。

 1−1で折り返した後半、ポルトは63分に中島を投入する。その後はポルトが主導権を握り、レンジャーズゴールを脅かす展開に。80分、アレックス・テレスのコーナーキックから決定機が生まれるも、ゴール前に誰も詰めることができず。84分には中島のクロスをフランシスコ・ソアレスが右足で合わせるも、レンジャーズの守護神アラン・マクレガーがファインセーブ。こぼれ球をマテウス・ウリベが狙うも、またもマクレガーに防がれた。

 試合はこのまま1−1でタイムアップ。EL・グループステージ第4節は11月7日に行われ、ポルトが敵地でレンジャーズと対戦する。

【スコア】
ポルト 1−1 レンジャーズ

【得点者】
1−0 36分 ルイス・ディアス(ポルト)
1−1 44分 アルフレッド・モレロス(レンジャーズ)

関連記事(外部サイト)