最下位ワトフォードに痛手…ウェルベック、ハムストリング負傷し年内絶望か

最下位ワトフォードに痛手…ウェルベック、ハムストリング負傷し年内絶望か

トッテナム戦えで負傷したウェルベック [写真]=Getty Images

 ワトフォードのキケ・サンチェス・フローレス監督は24日、19日に行われたプレミアリーグ第9節トッテナム戦で負傷したイングランド代表FWダニー・ウェルベックの状態について説明した。

 現在28歳のウェルベックはアーセナル時代から度々ケガに泣かされており、昨年11月から今年5月にかけては足首の負傷で長期離脱していた。今季は公式戦7試合に出場しているが、先発出場したトッテナム戦でスプリントをした際に筋肉系のトラブルを起こしてプレー続行が不可能となり、試合開始からわずか4分でピッチを後にした。

 フローレス監督はウェルベックの状態について次のようにコメント。同選手はハムストリングを負傷し、復帰の時期は未定。同監督はウェルベックの長期離脱は避けられないとの見解を示した。

「悪い知らせだ。私たちは(彼の状態について)詳しく調べ、数週間経過を見守る必要がある。私は重傷だと考えている。彼はシーズンを通して多くの時間をプレーしてこなかったが、先週の時点では彼の状態は万全で、ケガに関する報告も受け取っていなかった」

「彼は悔しがっていた。とても悲しんでいた。彼は(トッテナム戦が)良い状態に戻る機会だと感じていたが、またしばらく待つことになってしまった。(ウェルベックを)プレーさせることはリスクではない。彼の足首の状態については細心の注意を払っていた。今回のケガは筋肉系の問題だ」
 
 9戦未勝利で最下位に沈むワトフォードは、エースのFWトロイ・ディーニーもヒザを手術した関係で離脱している。26日に行われるプレミアリーグ第10節では、ホームでボーンマスと対戦する。

関連記事(外部サイト)