これが強さの理由? ロヴレンがクロップ監督による変化を明かす「人間としての成長を求める」

これが強さの理由? ロヴレンがクロップ監督による変化を明かす「人間としての成長を求める」

リヴァプールに所属するロヴレン [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが、同チームのユルゲン・クロップ監督について語った。24日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 2014年7月からリヴァプールに所属するロヴレンは、2015年10月にクロップ監督が同チームにやって来たことが、大きな変化をもたらしたと感じたようだ。取材に応じた際、以下のように語っている。

「彼(クロップ監督は)クラブの多くを変えてくれた。『おはよう』と挨拶をして敬意を示すことからテーブルの掃除の方法など、細かいところまでね。それはピッチの外での言動がピッチにも通ずるということだったんだ」

「一部のクラブでは、普段の生活に欠落している部分を感じる時がある。でも彼は、選手に人間として成長することを求めるんだ」

 27日に行われるプレミアリーグ第10節トッテナム戦は、2015年にクロップ監督が『アンフィールド』にやって来てから初めての対戦相手。昨季のチャンピオンズリーグ決勝でも激突した相手に、今回はどのようなサッカーを見せるのだろうか。

関連記事(外部サイト)