ルヴァンカップ決勝の前日記者会見…ペトロヴィッチ監督「面白いゲームになると思う」

ルヴァンカップ決勝の前日記者会見…ペトロヴィッチ監督「面白いゲームになると思う」

ルヴァンカップ決勝を翌日に控え、前日記者会見に臨んだ(左から)ペトロヴィッチ監督、福森晃斗(以上札幌)、小林悠、鬼木達監督(以上川崎F)

 2019 JリーグYBCルヴァンカップ決勝を明日に控えた25日、決勝に駒を進めた北海道コンサドーレ札幌と川崎フロンターレの前日記者会見が行われ、札幌からはペトロヴィッチ監督と福森晃斗が、川崎Fからは鬼木達監督とキャプテンの小林悠が登壇した。

 クラブ史上初となる決勝の舞台に立つ札幌のペトロヴィッチ監督が、「札幌としてファイナルを戦えることをうれしく思っています。明日は非常に難しいゲームになると思うが、非常に厳しい相手に打ち勝ちファイナルにふさわしい結果を残したい」と意気込みを語れば、2年前の同大会の決勝で涙をのんだ川崎Fの鬼木監督は「カップ戦のタイトルを取ったことがないので、ぜひ明日は悲願であるカップタイトルを全員で勝ち取りたい。ここまで総力戦で勝ち上がってきたので、明日も総力戦で戦いたい」と並々ならぬ思いを口にした。

 会見に同席した選手たちもタイトルへの思いは強い。川崎Fの小林が「個人的には2年前に決勝を戦って、最初の失点を立て直せなかった後悔もある。今はそこから成長していると思うので、今回こそ優勝してみんなで喜びたい」と苦い記憶を思い起こすと、「2年前に決勝で負けた後、リーグ戦で優勝して連覇して、自分たちが自信を持って戦えるようになった。そして状況に応じて今何をすればいいかの意思疎通がはっきりしてきた。チームとして個人として成長してきた」とその後の成長を力強く語った。

 一方、札幌の福森も「クラブとして史上初の決勝に進めたことをうれしく思いますが、決勝で勝たないと意味がないと思っているので、しっかりと勝ち切ってカップを掲げたい」と語ると、「自分のプロキャリアのスタートが川崎であり、その相手と決勝の大舞台でやれることがワクワクで楽しみ。今はもう札幌の一員なので、特に意識せず勝ち切りたい」と高揚した。

 ともに攻撃的なサッカーを披露してきた両チーム。明日の決勝ではゴールラッシュに期待が掛かるが、「まだ(決勝で)得点していない」と川崎Fの鬼木監督。「まずはそこを払拭したい」としながらも、「皆さんの期待に応えられるように、見ている人が素晴らしいと思ってもらえるような試合にしたい」と語れば、札幌のペトロヴィッチ監督も「明日のゲームは見る方にとって面白いゲームになると思う」と好ゲームを予見した。

 ルヴァンカップ決勝は明日26日、埼玉スタジアム2002で13:05にキックオフを迎える。

関連記事(外部サイト)