J3盛岡、NOVAホールディングスへの株式譲渡を発表「J1昇格・優勝を果たす奇跡を起こせるようなチームに」

J3盛岡、NOVAホールディングスへの株式譲渡を発表「J1昇格・優勝を果たす奇跡を起こせるようなチームに」

いわてグルージャ盛岡イレブン [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J3リーグに所属するいわてグルージャ盛岡は25日、「NOVAホールディングス株式会社」への株式譲渡に関する記者会見の実施を公式サイトで報告した。

 同会見にはNOVAホールディングス株式会社の稲吉正樹代表取締役社長と株式会社いわてアスリートクラブの宮野聡代表取締役社長が出席。宮野氏は「クラブとしては、これまでと変わらぬクラブ名、エンブレム、マスコットと伝統の白いユニフォームをまとって、クラブ一岩・いわて一岩で今後も取り組んで参りたいと思います」と今後の活動に意欲を示した。

 また、同サイトには質疑応答の文言も掲載され、今後の意気込みを問われた稲吉氏は「現段階でJ1のイメージはできていませんが、まず来季に向けて特に選手の部分で良い陣容を揃えたいです。サッカーは選手が最大の商品であると考えておりますので、そこを強化して愛されるチームを作っていきたいと思っております。そして来季は、優勝を目指して欲しいです。さらに数年後にはJ1昇格・優勝を果たす奇跡を起こせるようなチームにしていきたいと思っております」とコメントした。

関連記事(外部サイト)