マンU、今冬の移籍市場でザカリア獲得に関心示す…移籍金は約60億円か

マンU、今冬の移籍市場でザカリア獲得に関心示す…移籍金は約60億円か

マンチェスター・Uはザカリアの獲得を希望している [写真]=Getty Images

 マンチェスター・UはボルシアMGに所属するスイス代表MFデニス・ザカリアの獲得に関心を示している。25日にイギリス紙『サン』が報じた。

 同クラブは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンへとフリー移籍を果たしたスペイン人MFアンデル・エレーラの後釜を模索中。現在はドイツで活躍しているザカリアの動向を注視しており、今冬の移籍市場で獲得を図るようだ。

 ボルシアMGは同選手に対して4300万ポンド(約60億円)を要求しており、クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は移籍金の支払いに前向きな姿勢を見せているという。同監督はチャンピオンズリーグ出場圏内に入るために、大型補強を計画している模様だ。

 同紙によるとアトレティコ・マドリードやバイエルン、ドルトムントなどの強豪クラブらもザカリアの獲得に関心を示しているという。果たして同選手はこのクラブの中から、チャンピオンズリーグ出場権の無いマンチェスター・Uを選択するのであろうか。

関連記事(外部サイト)