チェルシー、“ネクスト・ランパード”にスカウトを派遣…来夏に獲得へ

チェルシー、“ネクスト・ランパード”にスカウトを派遣…来夏に獲得へ

チェルシーが関心を示すミリンコヴィッチ・サヴィッチ [写真]=Getty Images for Lega Serie A

 チェルシーはラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチの獲得を画策しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が25日に伝えている。

 ラツィオは24日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節でセルティックと対戦し、1−2で敗れた。今回の報道によると、チェルシーはこの試合にスカウトを派遣してミリンコヴィッチ・サヴィッチのプレーを視察したという。

 現在24歳のミリンコヴィッチ・サヴィッチは2015年にラツィオへ加入。これまで公式戦174試合に出場し、33ゴール23アシストを記録している。チェルシーは同選手をフランク・ランパード監督の後継者になりうる存在として考えているようだ。チェルシーには補強禁止処分が下されているため、同クラブは来夏の獲得を検討しているという。

 かつてはユヴェントスなどのビッグクラブがミリンコヴィッチ・サヴィッチの獲得を試みていたが、1億ユーロ(約120億4800万円)の高額な移籍金がネックになっていた。しかし、来夏の移籍市場では6000万ユーロ(約72億3000万円)で獲得できる可能性があることも伝えられている。

関連記事(外部サイト)