マンCのジンチェンコ、左ひざ手術で離脱…ペップ「4〜5週間かかる」

マンCのジンチェンコ、左ひざ手術で離脱…ペップ「4〜5週間かかる」

左ひざの負傷で離脱のジンチェンコ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコが長期離脱を余儀なくされるようだ。クラブ公式サイトが25日に伝えた。

 ジンチェンコは左ひざの負傷により、スペインのバルセロナで手術を受けたという。ジョゼップ・グアルディオラ監督は同日の会見で、「ひざに接触があり、骨に違和感を感じていた。4〜5週間の離脱を強いられる」と明かした。

 現在22歳の同選手は、今シーズンの公式戦で9試合に出場。だが、来月11日のプレミアリーグ第12節リヴァプール戦や同23日の第13節チェルシー戦などは負傷欠場となるようだ。

 また、22日に行われたチャンピオンズリーグ第3節のアタランタ戦で、前半のうちに途中交代を余儀なくされたスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスは11月中旬の復帰が見込まれているようだ。グアルディオラ監督は「インターナショナルブレイクのあとには復帰できるはずだと聞いている」と話した。

関連記事(外部サイト)