2ゴールの活躍で優勝に貢献した小林が瞳を潤ませたのは…「俺が一番あいつの努力を知っている」

2ゴールの活躍で優勝に貢献した小林が瞳を潤ませたのは…「俺が一番あいつの努力を知っている」

GK新井がPKをストップし、優勝決定の瞬間にガッツポーズで喜びを表現した小林[写真]=兼子愼一郎

 2019 JリーグYBCルヴァンカップ決勝が26日に埼玉スタジアム2002で行われ、5度目の挑戦となった川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌をPK戦の末に下し、初めてのルヴァンカップを手にした。

 壮絶な打ち合いとなった。ともに攻撃的なスタイルを貫くチーム同士の対戦。ファイナルにふさわしい点の取り合いに「守るスタイルではなく、攻めるスタイルの相手との打ち合いができたというのは、見ている人には『サッカーって攻撃が楽しい』というのを見せられたと思う」。途中出場ながら2ゴールを決めた小林悠は、時折笑みを浮かべながら喜びを噛み締めた。

 そんな小林が突然、目線を上にズラし、大きな瞳を潤ませる瞬間があった。「俺が一番あいつの努力を知っている。ずっと一緒に頑張ってきた仲間で、一番信頼している。本当に泣きそうになるぐらい……。あいつの頑張りはずっと見てきて、悔しいを思いをしているのをずっと見てきて……」。それは、PK戦で2本のキックを止める活躍を見せ、MVPを獲得した新井章太について聞かれた時だった。

「だからこそ今日もあいつに背中を思いっきり叩いてもらって。試合前に一発叩いてもらって、延長に入る時にもう一発叩いてもらって。その二発が、俺のゴールを引き寄せてくれたと思う。すごく切磋琢磨できていると思うし、あいつの気持ちの強いところがPKを止めたんじゃないかなって思います」

 この日の小林のゴールは2得点。1点目は1−1で迎えた88分、大島僚太からのパスを受けて左足を振り抜き、2点目は2度目のリードを許し、2−3で迎えた延長後半に押し込んだ同点弾だ。そして試合は「あんなの、もう運なんで」と割り切るPK戦に委ねられ、川崎Fが初のカップ戦のタイトルを獲得した。

 先制点を決められた時、2年前にセレッソ大阪に敗れた苦い記憶が頭をよぎらなかったわけではなかった。それでも、「2年前とは違って攻撃の形ができていたので。時間の問題かなって思っていた」とベンチで冷静に試合展開を読んでいたが、73分にピッチに入ると勝ちそうで勝てない展開に「『どんな展開だよ!』と思いながらやっていた」と明かした。

「それでも試合に勝ち切れたのは大きかったですし、フロンターレとしてまた成長できたんじゃないかなと思います」

 2年前の悔しい敗戦から初のリーグ制覇を成し遂げ、昨シーズンはリーグ連覇を達成。一躍、ビッグクラブの仲間入りを果たした。「心強い味方がたくさんいてくれて、すごくいいチームだなって思った」と語る川崎Fに、取れそうで取れなかったタイトルが、また一つ加わった。

関連記事(外部サイト)