俊輔が横浜FC移籍後初ゴール! 強烈な左足ミドルでチームの勝利に貢献

元日本代表MF中村俊輔が横浜FCに移籍後初ゴール 公式戦では17年10月の清水戦以来

記事まとめ

  • 元日本代表MF中村俊輔がヴェルディ戦に先発し、横浜FCに移籍後初ゴールを記録した
  • 公式戦での得点は2017年10月の清水エスパルス戦以来で、約2年ぶりとなる
  • 試合は54分に横浜FCのMF松尾佑介が追加点を奪い2-1で勝利した

俊輔が横浜FC移籍後初ゴール! 強烈な左足ミドルでチームの勝利に貢献

俊輔が横浜FC移籍後初ゴール! 強烈な左足ミドルでチームの勝利に貢献

中村のゴールを祝う横浜FCイレブン [写真]=SOCCERKING/Shimpei Kanada

 元日本代表MF中村俊輔が、横浜FCに移籍後初ゴールを記録した。

 27日に行われた明治安田生命J2リーグ第38節東京ヴェルディ戦に先発出場した中村は26分、ペナルティエリア内で相手DFを背負ったFW皆川佑介からの落としを左足でダイレクトシュート。強烈なミドルシュートがゴール右隅に突き刺さり、今年7月に横浜FCへ移籍後初ゴールを記録した。

 公式戦での得点は2017年10月の清水エスパルス戦(当時は磐田所属)以来で、約2年ぶりのゴールとなった。

 なお、試合は横浜FCがMF松尾佑介の追加点でリードを広げ2ー1で勝利。J1昇格に向け、熾烈な上位争いを繰り広げている。

【スコア】
横浜FC 2ー1 東京ヴェルディ

【得点者】
26分 1ー0 中村俊輔(横浜FC)
54分 1ー1 松尾佑介(横浜FC)
62分 2ー1 李栄直(東京ヴェルディ)

関連記事(外部サイト)