ナイキとの契約がカギ? エンバペ、来夏の移籍市場でリヴァプール入りか

ナイキとの契約がカギ? エンバペ、来夏の移籍市場でリヴァプール入りか

リヴァプールはエンバペ獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 リヴァプールは来夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エンバペの獲得に関心を示している。27日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

 同クラブは現在、ニューバランス社とサプライヤー契約を結んでおり、現行契約は2020年5月までとなっている。リヴァプール側が同社との契約延長を拒否し、新サプライヤーとしてナイキ社と5年契約を締結するようだ。

 同紙によると、これを受け多くのリヴァプールファンが妄想を膨らませているという。エンバペは現在、ナイキのアンバサダーとして広告等に出演しており、リヴァプールへと移籍する可能性もあると期待を寄せている模様だ。

 過去にクラブを率いるユルゲン・クロップは、当時モナコに在籍していたエンバペと移籍に向けて交渉を行っていたという。最終的にはパリ・サンジェルマンの財力に敗れ、獲得を断念したとのことだが、同選手にとってクロップ監督との交渉は印象的であったようだ。

 さらに、モナコ時代の同僚であるブラジル代表MFファビーニョは以前、エンバペをリヴァプールへと加入するよう説得すると述べていた。サッカー界の次世代をけん引するとも言われているエンバペの超大型移籍が、実現する可能性もそう少なくないかもしれない。

関連記事(外部サイト)