バレンシア、守護神シレッセンがめまいによりオサスナ戦を欠場決定

バレンシア、守護神シレッセンがめまいによりオサスナ戦を欠場決定

バレンシアのシレッセンが欠場 [写真]=Getty Images

 バレンシアのオランダ代表GKヤスパー・シレッセンがリーガ・エスパニョーラ第10節オサスナ戦を欠場するようだ。スペイン紙『マルカ』がクラブの発表を元に伝えている。

 同メディアによるとシレッセンは27日の朝、起床後からめまいに苦しんでおり、メディカルスタッフから試合出場を控えるように求められたとのこと。代役としてスペイン人GKジャウメ・ドメネクが先発出場することになり、当初メンバー外だった若手GKクリスティアン・リベロがベンチ入りをするようだ。

 9月にマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督の電撃解任が行われるなど、開幕から波に乗りきれないバレンシアだが、調子が上向いてきたタイミングで守護神が思わぬ欠場となってしまった。

関連記事(外部サイト)