トッテナムは開始早々に先制も…リヴァプールが怒涛の攻撃で逆転勝利!

トッテナムは開始早々に先制も…リヴァプールが怒涛の攻撃で逆転勝利!

同点弾を挙げたジョーダン・ヘンダーソン(左)と逆転弾を決めたモハメド・サラー(右) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第10節が27日に行われ、首位リヴァプールはトッテナムと対戦した。

 アウェーのトッテナムは試合開始早々の1分、ソン・フンミンが左サイドのカットインからシュートを打つとボールはポストに弾かれる。それでもそのこぼれ球をハリー・ケインが頭で押し込んでリヴァプール相手に先手を取った。

 その後は両チームともアグレッシブにゲームを進める。するとリヴァプールは27分、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノが立て続けに鋭いシュートを放つ。しかしトッテナムのGKパウロ・ガッサニーガがスーパーセーブでこれを阻む。

 その後もリヴァプールは再三相手ゴールを脅かすがガッサニーガの壁を打ち破ることはできない。シュート数、ポゼッション共にトッテナムを上回ったリヴァプールだが、肝心のゴールを割ることはできず。そのまま前半を終え、リヴァプールは1点ビハインドで試合を折り返した。

 トッテナムは48分、ソン・フンミンが左サイドからGKを交わしてシュートを放つが、これはクロスバーに弾かれ追加点とはならない。一方のリヴァプールは52分、ファビーニョの浮かせたパスをジョーダン・ヘンダーソンが左足のボレーで合わせてゴールネットを揺らしスコアを振り出しに戻す。

 その後もリヴァプールは高い支配率で相手ゴールに迫るが、前半に続きガッサニーガに何度もシュートを止められ2点目が遠い。それでも74分にPKを獲得すると、サラーが鋭いシュートを突き刺し逆転に成功した。

 試合はそのまま終了し、リヴァプールが2−1で逆転勝利を収めた。リヴァプールは開幕9試合連続負けがなく、2位マンチェスター・Cとの勝ち点差を6のままキープすることとなった。

【スコア】
リヴァプール 2−1 トッテナム

【得点者】
0−1 1分 ハリー・ケイン(トッテナム)
1−1 52分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
2−1 74分 モハメド・サラー(PK/リヴァプール)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4−3−3)
アリソン;アレクサンダー・アーノルド、ロヴレン、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルドゥム(77分 ミルナー);サラー(85分 ジョー・ゴメス)、フィルミーノ(90+3分 オリギ)、マネ

トッテナム(4−2−3−1)
ガッサニーガ;オーリエ(84分 ルーカス・モウラ)、アルデルヴァイレルト、D・サンチェス、ローズ;シソコ、ウィンクス(63分 エンドンベレ);エリクセン(88分 ロ・チェルソ)、デレ・アリ、ソン・フンミン;ケイン

関連記事(外部サイト)