アーセナル、ホームでクリスタル・パレスに2点差を追いつかれドロー

アーセナル、ホームでクリスタル・パレスに2点差を追いつかれドロー

アーセナルはクリスタル・パレスに2点差を追いつかれ引き分けに終わった [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第10節が27日に行われ、アーセナルはクリスタル・パレスをホームに迎えた。

 アーセナルは7分、コーナーキックのチャンスからグラニト・ジャカが相手のクリアボールを拾うと、最後はソクラティス・パパスタソプーロスが右足で流し込んで先制に成功した。さらに9分、再びコーナーキックからダヴィド・ルイスが押し込んで決めて追加点を挙げた。12分にはラカゼットが左足でゴールを狙うが、これはGKウェイン・ヘネシーのセーブに阻まれる。

 クリスタル・パレスは30分、ウィルフレッド・ザハがペナルティエリア内で倒されると一度はシミュレーションでイエローカードをもらう。しかしVARで判定が変わりPKを獲得。これをルカ・ミリヴォイェヴィッチがしっかりと決めて1点を返す。

 1点ビハインドで後半を迎えたクリスタル・パレスは52分、ジェームズ・マッカーサーが左サイドを駆け上がり、そのクロスをジョルダン・アイェウが頭で打ちつけて同点弾を挙げた。

 対するアーセナルは83分、再びコーナーキックのチャンスでソクラティスがゴール前の混雑を貫くシュートを放ちゴールネットを揺らす。しかし、VARの判定の結果ゴールは取り消され、勝ち越しゴールは幻となった。

 試合はそのまま終了しクリスタル・パレスとアーセナルのロンドンダービーは2−2の引き分けに終わった。クリスタル・パレスは敵地で貴重な勝ち点1を手にした一方で、アーセナルにとっては序盤の点差を守れず悔しい引き分けとなった。

【スコア】
アーセナル 2−2 クリスタル・パレス

【得点者】
1−0 7分 ソクラティス・パパスタソプーロス(アーセナル)
2−0 9分 ダヴィド・ルイス(アーセナル)
2−1 32分 ルカ・ミリヴォイェヴィッチ(PK/クリスタル・パレス)
2−2 52分 ジョルダン・アイェウ(クリスタル・パレス)

関連記事(外部サイト)