若月大和の2得点で快勝のU17日本…チームのテーマは「一丸で笑顔を忘れない」

U-17 W杯初戦で日本代表がオランダ代表に快勝 若月大和が2得点、西川潤が1得点

記事まとめ

  • FIFA U-17 W杯ブラジル 2019・グループステージ第1節でU-17日本とU-17オランダが対戦
  • 36分、若月大和のゴールで先制し、69分には若月がこの日2点目となる追加点を記録した
  • 77分には西川潤がPKで3点目を奪い日本が3-0で快勝スタートを切り、若月は勝利を喜んだ

若月大和の2得点で快勝のU17日本…チームのテーマは「一丸で笑顔を忘れない」

若月大和の2得点で快勝のU17日本…チームのテーマは「一丸で笑顔を忘れない」

2得点の活躍でチームの勝利に貢献した若月大和(写真右) [写真]=Getty Images

 FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019・グループステージ第1節が27日に行われ、U−17日本代表がU−17オランダ代表と対戦した。

 試合は36分、若月大和のゴールで先制すると、69分には若月がこの日2点目となる追加点を記録。さらに、77分には西川潤がPKで3点目を奪い、日本が3−0で快勝スタートを切った。

 試合後、2得点の活躍で勝利に貢献した若月は、「チーム一丸でまとまって、笑顔を忘れないで日本らしいサッカーをやるということを心がけていた。こういう結果を残せて嬉しい」とチームのテーマ通りに試合を進め、勝利を飾ったことを喜んだ。

 次節は30日、日本はU−17アメリカ代表と対戦する。若月は最後に、「アメリカ戦もチーム一丸で日本らしいサッカーをして、歴史を変えるためにも頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)