ヴァーディーやレヴァンドフスキら12人…今季、欧州4大リーグでハットトリックを達成した選手たち

ヴァーディーやレヴァンドフスキら12人…今季、欧州4大リーグでハットトリックを達成した選手たち

今季、欧州4大リーグでハットトリックを達成した選手たち [写真]=Getty Images

 25日から27日にかけて行われたプレミアリーグ第10節は、“ハットトリック祭り”と化した。レスターの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとスペイン人FWアジョセ・ペレス、さらにチェルシーのアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチの3選手がハットトリックを達成。ゴールラッシュの立役者となった。

 では、今シーズンの欧州4大リーグで、ハットトリックを成し遂げた選手は何人いるのか。調べてみたところ、リーガ・エスパニョーラを除く3リーグ(プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエA)で12名を数えた。ここでは、殊勲の男たちのハットトリックをそれぞれ振り返ってみよう。

■クリスティアン・プリシッチ

所属クラブ:チェルシー
生年月日:1998年9月18日(21歳)
国籍:アメリカ
ポジション:MF

26日に行われたプレミアリーグ第10節のバーンリー戦で、チェルシー移籍後初ゴールを含む3得点をマーク。21歳38日でのハットトリック達成は、チェルシー史上最年少記録となった。今夏の正式加入後、出番に恵まれず不満をこぼすこともあったが、「今日は本当に特別な日になった」と喜びを表した。

■ジェイミー・ヴァーディ

所属クラブ:レスター
生年月日:1987年1月11日(32歳)
国籍:イングランド
ポジション:FW

25日のプレミアリーグ第10節でサウサンプトン相手にハットトリックを達成。チームも9−0で勝利し、プレミアリーグにおけるアウェイチームの最多得点記録を樹立した。不動のエースとして、ここまでリーグ最多の9ゴールをマーク。リヴァプール、マンチェスター・Cに次いで3位につけるレスターをけん引している。

■アジョセ・ペレス

所属クラブ:レスター
生年月日:1993年7月29日(26歳)
国籍:スペイン
ポジション:FW

25日のサウサンプトンでは、ヴァーディの同僚アジョゼ・ペレスもハットトリックを達成。今夏の新戦力は前節まで無得点と期待に応えられていなかったが、立て続けに3ゴールを奪った。なお、ニューカッスルに在籍した昨シーズンも、第35節のサウサンプトン戦でハットトリックを達成。プレミアリーグで同一クラブから2試合連続ハットトリックを決めるのは、2012年にリヴァプールに所属していたルイス・スアレスがノリッジ相手に達成して以来、7年ぶりの快挙となった。

■ベルナルド・シルヴァ

所属クラブ:マンチェスター・C
生年月日:1994年8月10日(25歳)
国籍:ポルトガル
ポジション:MF

プレミアリーグ第6節のワトフォード戦で3ゴールを記録。2013年にベンフィカでトップチームデビューを果たして以降、プロキャリア初のハットトリックとなった。ジョゼップ・グアルディオラ監督が「これまで見てきた中で、最高のタレントの一人だ」と絶賛するように、今シーズンもマンチェスター・Cに欠かせない選手となっている。

■タミー・アブラハム

所属クラブ:チェルシー
生年月日:1997年10月2日(22歳)
国籍:イングランド
ポジション:FW

昨シーズン、イングランド2部で25ゴールを挙げた若武者は、プレミアリーグでも稀有な得点感覚を発揮。第5節のウルヴァーハンプトン戦でハットトリックを達成すると、第10節終了時点でセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)と並ぶ8ゴールを挙げている。“ヤング・チェルシー”の新エースとして、一躍スターダムに躍り出た。

■テーム・プッキ

所属クラブ:ノリッジ
生年月日:1990年3月29日(29歳)
国籍:フィンランド
ポジション:FW

プレミアリーグの序盤戦を最も盛り上げた一人だろう。第2節ニューカッスル戦でのハットトリックを含め、プレミアリーグ開幕3試合で5ゴールをマーク。8月のリーグ月間MVPにも輝いた。しかし、第6節以降はゴールが遠く、チームも1分け4敗と勝利なし。気付けば19位と、チームは降格圏に沈んでいる。エースの復調が待たれるところだ。

■ラヒーム・スターリング

所属クラブ:マンチェスター・C
生年月日:1994年12月8日(24歳)
国籍:イングランド
ポジション:FW

今シーズンの欧州4大リーグで最初にハットトリックを達成したのが、スターリングだった。8月10日のプレミアリーグ第1節で、ウェストハムを相手に3ゴールをマーク。プレミアリーグの開幕戦でハットトリックを達成するのは、2010−11シーズンのディディエ・ドログバ氏(チェルシー)以来、史上8人目のことだった。

■ロベルト・レヴァンドフスキ

所属クラブ:バイエルン
生年月日:1988年8月21日(31歳)
国籍:ポーランド
ポジション:FW

3得点を挙げたシャルケとの第2節を含め、ブンデスリーガ開幕9試合連続ゴールを達成。2015−16シーズンにドルトムント所属のピエール・エメリク・オーバメヤンが成し遂げた開幕8試合連続ゴールのリーグ記録を塗り替えた。今シーズンは公式戦14試合中13試合で得点を挙げるなど手が付けられない状況で、シーズン20ゴールに早くも王手をかけた。

■ティモ・ヴェルナー

所属クラブ:ライプツィヒ
生年月日:1996年3月6日(23歳)
国籍:ドイツ
ポジション:FW
ブンデスリーガ第3節ボルシアMG戦で、自慢の快足を活かして3ゴールをゲット。2016年夏のライプツィヒ加入以来、3シーズン連続でリーグ戦2桁得点を記録し、シュトゥットガルト在籍時も含めると通算69ゴールを挙げているが、ハットトリックを達成するのはこれが初めてのことだった。

■ドメニコ・ベラルディ

所属クラブ:サッスオーロ
生年月日:1994年8月1日(25歳)
国籍:イタリア
ポジション:FW

第2節のサンプドリア戦で3ゴールを挙げ、今シーズンのセリエAの“ハットトリック第1号”となった。サッスオーロ下部組織出身で、2012年8月にトップチームデビュー。以来、攻撃の核として活躍を続けており、公式戦の得点数はクラブ記録を更新中だ。

■ルイス・ムリエル

所属クラブ:アタランタ
生年月日:1991年4月16日(28歳)
国籍:コロンビア
ポジション:FW

27日に行われたセリエA第9節で、ウディネーゼ相手にハットトリックを達成。セリエAのクラブ歴代最多得点差勝利(7−1)を呼び込んだ。今夏にセビージャから加入すると、リーグ戦7試合出場で8ゴールをマーク。得点ランキングでは、ラツィオのチーロ・インモービレ(10ゴール)に次ぐ2位だ。

■アンドレアス・コルネリウス

所属クラブ:パルマ
生年月日:1993年3月16日(26歳)
国籍:デンマーク
ポジション:FW

今シーズンの欧州4大リーグで唯一、途中出場からハットトリックを達成した。偉業達成の舞台となったのは、20日に行われたセリエA第8節のジェノア戦。味方の負傷により前半12分から出場すると、42分、45+1分、50分と立て続けにゴールを決めた。パルマの選手がセリエAでハットトリックを記録するのは、2013年3月の元イタリア代表FWアマウリ氏以来、6年ぶりのことだった。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)