ラキティッチ、バルサ退団に前向きか…マンUやユーヴェが動向を注視

ラキティッチ、バルサ退団に前向きか…マンUやユーヴェが動向を注視

ラキティッチはバルセロナを退団する可能性が高いようだ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは1月に同クラブを退団する可能性が高いようだ。28日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 ラキティッチは今シーズン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングなどの新戦力が加わり、出場機会の獲得に苦しむようになった。クラブを率いるエルネスト・バルベルデ監督の元で今後、構想外となることが予想される。

 同紙によると、ラキティッチは1月にバルセロナを退団することに前向きな姿勢を見せているという。マンチェスター・Uやユヴェントスが同選手の動向を注視しており、移籍の可能性は高いようだ。

 ラキティッチは今夏の移籍市場で残留を希望し、ポジション争いにも積極的な姿勢を見せていたが、最終的に今冬の移籍市場で退団を強いられる結果となってしまった。果たしてラキティッチは新天地で活躍することができるのであろうか。

関連記事(外部サイト)